トップへ 新着情報へ インタビューへ 特別企画へ 交流室へ リンクへ
 
○こちら特撮情報局 特撮ロケ地巡り
 
 第8回 『愛の戦士 レインボーマン』
第25話他ロケ地 東京都稲城市「百村山道」「ありがた山石造物群」他 その2


『愛の戦士 レインボーマン』
第25話ほかロケ地 東京都稲城市「百村山道」「ありがた山石造物群」ほか その2

『仮面ライダー』第36話ロケ地 東京都稲城市「妙覚寺」
『仮面ライダーストロンガー』第11・33話ロケ地ほか 同稲城市「ありがた山石造物群」
『愛の戦士 レインボーマン』第25・27話ほかロケ地 同稲城市「百村山道」、「南山崖山」
『仮面ライダーX』第2話ロケ地 同稲城市「向陽台・武蔵野南(貨物)線トンネル」

特派員:奥虹
取材日:2008年4月某日


 行楽シーズンの春に相応しく、今回は1970年代特撮番組ロケ地を結ぶハイキング・コースを紹介させていただこうと思う。コースは「京王相模原線よみうりランド駅前〜妙覚寺〜ありがた山石造物群〜百村山道〜南山崖山〜向陽台」。
 園内で様々な1970年代特撮番組のロケが行なわれ、また現在も特撮ヒーロー・ショーが催されている“よみうりランド”の最寄駅「京王相模原線よみうりランド駅前」。それに隣接する、室町時代末期に建立された「妙覚寺」。さらに妙覚寺に隣接し、一連の1970年代東映・円谷プロ作品の怪奇シーン撮影に重用された「ありがた山石造物群」。『レインボーマン』で“悪魔武装部隊・DAC”との戦闘シーンなどで多用された「百村山道」。“1970年代特撮番組ロケ地の聖地”とも換言できる、あまりに有名な「南山崖山」。そして『仮面ライダーX』エンディング映像でも印象的な武蔵野南(貨物)線トンネルのある「向陽台」へと抜ける、およそ6.5キロメートルの距離である。
 現在進行中の“南山東部土地区画整理事業”によって、ありがた山石造物群〜百村山道〜南山崖山周辺の景色は、今後大きく姿を変えることが確実な情勢だ。そうなる前に、ぜひ一度現地を訪れ、1970年代特撮作品ロケ地の空気を直に肌で感じていただきたいと思う。

○百村山道〜南山崖山 http://www.kochi-toku.org/special/loca_inagi001.html

 
  「ありがた山」から山道を数百メートル進んだ辺りに、南山の崖上から下界を望める分岐点がある。そこから撮影したものが以下の画像である。南山の土砂採掘は昭和43(1968)年頃から開始され、その採掘によって稲城市街からも容易に確認できるような大きな崖ができた。それ以前は山の麓まで畑が作られ、山は緑で覆われていた。崖下にはところどころに凹地が確認できるが、それは下の層ほど良質の土砂が採取できるため、掘り取られた結果だという。一時期はその穴が不法投棄の場所となり問題になった。稲城市史によれば「稲城の山砂は気密性に富むため、特に都心の地下鉄や上下水道工事の埋め直しに利用された」との由。つまり1970年代特撮番組で、ヒーロー・怪人の戦闘シーンに映っていたあの赤土は、今や私たちが日常的に歩いている道路のその下や、平素利用している地下鉄の天井部にあるということになる。なんとも不思議な気分だ…。

山道より東京都調布市方面を望む

山道より東京都調布市方面を望む。遠方には微かに東京都庁や西新宿高層ビル街が確認できる。画像から南山の崖が京王相模原線と並行して走っていることが解る。

 
山道より東京都府中市・多摩市方面を望む。竹林の左には南山スポーツ広場が見える。集合住宅(マンション)・分譲住宅建設のため、スポーツ広場は2008年11月に閉鎖予定とのこと。平坦にされる以前は丁度この辺りの土砂採掘箇所が、もっとも撮影に多用されたポイントであったようだ。
山道より東京都府中市・多摩市方面を望む
 
山道より崖下を望む
山道より崖下を望む。『仮面ライダー』(新1号バージョン)オープニングで確認できる“サイクロン号で駆けるライダー”は、この南山の崖下で撮影されたと思われる。
 

山道を東京よみうりカントリークラブ方面へ進む。 埋蔵文化財発掘のため既に樹木の伐採が始まっている。

山道を東京よみうりカントリークラブ方面へ進む
   
よみうりカントリークラブ・コース

さらに山道を直進すると、よみうりカントリークラブ・コースに突き当たる。かつての丘陵・山林の高い部分を削り、谷を埋めたことで、滑らかなスロープのコースのゴルフ場となった。T字路を左に進むと川崎市方面へ、右に進むと稲城市方面へ出る。

 

山林のなかの不法投棄物。放置されているのは、『仮面ライダー』シリーズで小林昭二氏が乗っていたジープと同一タイプであろうか。錆びているというより、もはや腐食の域にある。ほか、ビニール製トタン片や材木片など、業者が違法に投棄したと思われる産業廃棄物が多量に確認できる。

山林のなかの不法投棄物
 
山中の野菜畑

不法投棄現場を右折すると、山中の野菜畑が眼下に広がってくる。京王相模原線と並行する位置には住宅と隣り合った梨畑などが散見されるが、百村の山中には耕作地も少なくない。

 
◯『レインボーマン』第25話「朝陽に魔女は消えた」あらすじ

 
  息子・エルバンダ(演.大月ウルフ氏)をはじめ招請した殺人プロフェッショナルたちを、ことごとくレインボーマンに撃破された魔女イグアナ(演.塩沢とき氏)は、遂に自ら出陣する。エネルギー源である生き血が足りないイグアナは、山中でダッシュ5(黄金の化身)と闘うも痛み分けに終わる。レインボーマン=ヤマトタケシ(演.水谷邦久氏)を倒すため、その血族である妹・みゆき(演.石川えり子氏)の生き血を欲したイグアナは、ヤマト家を急襲。みゆきと母・たみ(演.本山可久子氏)、そして居合わせたヤッパの鉄(演.山崎純資氏)を魔法ゾーンに拘束すると、再び山中へ向かう。みゆきの生き血を奪おうと首筋に牙を近づけるイグアナを、間一髪駆けつけたダッシュ5が“レインボーフラッシュ”で撃退。一旦は撤退するイグアナだが、蜘蛛に化けダッシュ4(草木の化身)を蜘蛛の巣で絡め取ると、巨大な鎌でとどめを刺そうとする。一方レインボーマンはダッシュ4の“木霊叩きの術”を繰り出しこれに応戦。更にはダッシュ6(土の化身)の“疾風土煙花の術”でイグアナを崖下へ突き落とす。相討ちのダッシュ6は土中に逃れ、回復の呪文を唱え反撃に備えるが、それより早くイグアナはレインボーマンの居場所を突き止める。ダッシュ7(太陽の化身)とイグアナは、いよいよ最終決戦へと突入する。ヨガの眠りに襲われるレインボーマンと、生き血が足りず動きに精彩を欠くイグアナ。ダッシュ7は最期の力を振り絞り“太陽の剣”でイグアナを斬り裂くが、遂にエネルギーが尽き、タケシの姿でヨガの眠りに入り無防備状態で硬直する。そのタケシの首筋に、いま魔女イグアナの邪悪な牙が迫る。

 
埋蔵文化財発掘のため伐採された樹木群。樹幹の外周が1メートルを越えるものについては、伐採せずに発掘作業がなされるらしいのだが…。
埋蔵文化財発掘のため伐採された樹木群
 
やや険しい傾斜の山道

やや険しい傾斜の山道。右側には野菜畑が見える。劇中レインボーマン(ダッシュ4・5・6・7)と魔女イグアナが闘った山中は、これより緩やかな傾斜であった(※ 『レインボーマン』第25話「朝陽に魔女は消えた」で登場した山道は、その植生とシーンの繋がりから多摩丘陵の何処かと推察されるが、あまりに広範であるため、便宜上同じ多摩丘陵内の“百村山道”と統合して紹介した)。

 

山中にはこのような険しく危険な崖がある。ダッシュ6(土の化身)の“疾風土煙花の術”で(画像のような)崖下へ突き落とされた魔女イグアナは、自らの鼻を豚や猪のように変化させ、土中に逃れたレインボーマンを探索した。

山中の崖
 
南山崖山

百村山道を下ってくると、右手に見慣れた南山崖山が見えてきた。DVD『愛の戦士 レインボーマン』モグラート編の解説書9ページに掲載されている“悪魔武装部隊DAC”メンバー集合のスチールは、まさしくこのアングルと同一である。

 
『レインボーマン』第27話「甦った死ね死ね団」で使用された山道1
『レインボーマン』第27話「甦った死ね死ね団」で使用された山道2

『レインボーマン』第27話「甦った死ね死ね団」で使用された山道。爆発事件を探索するため栗葉山へやってきたダッシュ7。突如彼を襲ったのは、竹やぶから出現した黒覆面のDAC隊員たちであった。レインボーマン役・水谷邦久氏に相対する安川剣友会諸氏は、手にフェンシングの剣(フルーレ)を持って殺陣をしているが、舗装されていない赤土の地面は滑りやすく、極めて危険なアクションであったに違いない。

 

南山スポーツ広場と隣接する住宅街から南山崖山を仰ぐ。 三栄土木が担当していた土砂採掘が一段落した後、採掘場は平坦に地均しされた箇所と、地均しされなかった箇所に分かれたようだ。このアングルは地均しされた箇所。ススキが繁茂しているこの場所も、近々集合住宅用地(マンション)が建設されるとのこと。

南山スポーツ広場と隣接する住宅街から南山崖山を仰ぐ
 
南山スポーツ広場と隣接する住宅街から百村山道を仰ぐ

南山スポーツ広場と隣接する住宅街から百村山道を仰ぐ。左が南山崖山で右が山道の下り道。中央の茂みの後方はサッカー場と駐車場であるが、ここも元は1970年代特撮番組の撮影がなされた土砂採掘場であった。

 

京王相模原線稲城駅南口前の大通りより南山方面を仰ぐ。 この辺りはもともと“百村の亀山(きざん)”と呼ばれる台地状の丘陵で、その昔、長沼城や報恩寺があった。

京王相模原線稲城駅南口前の大通りより、南山方面を仰ぐ